ソファーベッドでおしゃれなお部屋を目指そう! 失敗しない選び方のポイント|インテリアの島忠・ホームズ家具販売通販サイト シマホネット

2021-08-18

ソファーベッドでおしゃれなお部屋を目指そう! 失敗しない選び方のポイント

ソファーベッドでおしゃれなお部屋を目指そう! 失敗しない選び方のポイント

ソファーは、お部屋全体のイメージに関わる家具のひとつです。しかし、ワンルームで一人暮らしをしている方などは、お部屋のスペースが足りず、場所を取りがちなソファーを置くのが難しい場合も考えられます。
そのような方におすすめなのが、ソファーベッドです。ソファーベッドなら、1台でソファーとベッドの2つの役割を兼ねることから、お部屋の限られたスペースを有効活用できます。来客用のサブベッドとして用意しておくのもおすすめです。

ここでは、おしゃれなソファーベッドを選ぶためのポイントと、おすすめのソファーベッドのタイプをご紹介します。

▼ 目次

ソファーベッドの選び方
ベッドで使う際の大きさ
楽に切り替えられるかどうか
クッションの硬さ
使われている生地の素材
機能性に優れているソファーだと便利
リクライニングタイプ
スライドタイプ
折りたたみタイプ
収納付きタイプ
ソファーベッドでおしゃれでくつろげる空間をつくろう

ソファーベッドの選び方

ソファーベッドの選び方

使い勝手が良く、おしゃれでお部屋の雰囲気にも調和するソファーベッドを選ぶためには、選び方のポイントをいくつか知っておくことが大切です。ソファーベッドを選ぶ際に確認しておきたいポイントをご紹介します。

ベッドで使う際の大きさ

ベッドで使う際の大きさ

ソファーベッドは、1台でソファーにもベッドになる家具です。ソファーとして使用する際に何人で腰掛けられるかに加えて、ベッドにした時のサイズも確認しておく必要があります

日頃からメインのベッドとして活用したい場合は、幅が一般的なシングルベッドと同じ97cm以上の商品を選ぶのがおすすめです。2人以上で寝転がる場合は、ダブルベッドの幅と同じ140cm以上を目安にすると、寝返りをうちやすく快適に使えます。

マットレスの長さは、サイズに関係なく通常195cmが基準ですが、座るときと眠るときのどちらも快適に過ごせるように、使用する人の身長+15〜20cmを目安にすると良いでしょう。
座面高は40cm程度のものだと、ソファーとしてもベッドとしても使いやすいです。

ソファーベッドは、ベッドとして使うために広げると面積を取ります。ベッドとして広げられるスペースが、お部屋にあるかどうか確認しながら選ぶことが大切です。

楽に切り替えられるかどうか

ソファーからベッドに切り替える方法は、背もたれを倒すリクライニング式や、座面を伸ばす引き出し式、折りたたまれた座面を広げる折りたたみ式など、商品によって異なります。
使い勝手と合わせて、楽に切り替えられるかどうかも確認しておくのがおすすめです。また、切り替え方によって、ソファーの背面と前面のどちらにスペースが必要になるかが変わります。ソファーの設置場所に関わるので、必ず切り替え方を確認しておきましょう。

クッションの硬さ

クッションの硬さ

ソファーのクッションの硬さも、ソファーベッドを選ぶ際は重要な要素です。どのような用途がメインになるのかを踏まえて、硬さを決める必要があります。

ソファーをメインに使用する場合は、クッション性があり座り心地が良い商品がおすすめです。ただし、柔らかすぎるソファーは体が沈み込んでしまい、長時間座ると疲れてしまうことがあります。適度なクッション性を持っている、柔らかすぎないソファーベッドを選ぶのがおすすめです。

ベッドをメインに使用する場合は、コイルスプリングやポケットコイルが使われていて、適度に反発感がある硬めのタイプだと、快適に寝ることができます。寝心地が気になる方は、内部に使われている素材にも注目して選ぶと良いでしょう。

使われている生地の素材

クッションの硬さ

ソファーベッドの張り地は、使用感やお手入れの方法に関わります。一般的に使われることが多いのは、布(ファブリック)、本革(レザー)、合成皮革(フェイクレザー)の3種類です。

【布(ファブリック)】
布タイプは通気性や肌ざわりの良さが魅力です。吸水性が高く、汗や汚れが染み込みやすいので、カバーなどをかけて使うのも良いでしょう。

【本革(レザー)】
本革タイプは見た目に高級感があり、通気性に優れています。専用のクリーナーなどで、こまめにメンテナンスを行えば長く使用でき、使い込むことで経年変化を楽しめるのも魅力です。

【合成皮革(フェイクレザー)】
合成皮革は本革よりもリーズナブルで、お手入れも簡単です。ただし、経年劣化しやすいため、長くソファーベッドを使いたい方は注意が必要です。

機能性に優れているソファーだと便利

機能性に優れているソファーだと便利

ソファーベッドの中には、座面の下に収納スペースを設けている商品もあります。ちょっとした小物やソファーベッド用のシーツ、ベッドカバーなどを入れるのに便利です。収納用の家具を減らして、お部屋のスペースを広く取りたい方におすすめです。

また、ソファーの脚を外して高さを低くできるものや、オットマンとして活用できるもの、背もたれの角度を調整できるものなど、機能性に優れたソファーベッドだと使い勝手が良くなります。

ソファーベッドは、サイズなどに加えて機能性も確認しながら選ぶのがおすすめです。

ページのトップに戻る

リクライニングタイプ

リクライニングタイプ

背もたれ部分を倒すことで、ベッドになるのがリクライニングタイプです。変形が簡単に行えるものが多いので、ベッドとして毎日使用したい方に向いています。
設置する際は、背もたれを倒すためのスペースがソファーの後ろに必要になるため、設置場所を確認しておきましょう。

また、座面と背もたれの境目にできる折り目が、眠るときに気になることも考えられます。ベッドとして使用する場合は、リクライニング部分が中央からずれているタイプを選ぶと、寝心地を改善できます。折り目の上に、薄手のマットレスやベッドパッドなどを敷くのもおすすめです。

「リクライニングタイプ」のおすすめ商品はこちら

 
¥22,800(税抜) ¥25,080 (税込)

スライドタイプ

スライドタイプ

座面を前に引き出してベッドにできるタイプです。背もたれ部分を壁につけた状態で変形できます。
また、ベッドとしての長さがそのままソファーの座面の幅になるので、大きめの商品なら複数人でゆったり座れるのも魅力です。
座面を引き出したままにしておいて、ゆったりと足を伸ばしてくつろぐこともできます。

「スライドタイプ」のおすすめ商品はこちら

折りたたみタイプ

折りたたみタイプ

折りたたまれた座面を広げるとベッドになるタイプです。1人掛けサイズの商品も多く、コンパクトに設置することができます。脚がない座椅子形状の折りたたみタイプなら、布団のように使えるため、和室に置くのも良いでしょう。

ただし、背もたれを倒すだけでベッドになるリクライニングタイプに比べると、変形に少し手間はかかります。お部屋の限られたスペースを有効活用したい方や、来客用のサブベッドを探している方におすすめです。

「折りたたみタイプ」のおすすめ商品はこちら

 
¥22,800(税抜) ¥25,080 (税込)
 
¥22,800(税抜) ¥25,080 (税込)

収納付きタイプ

収納付きタイプ

座面下に収納が付いているタイプのソファーベッドです。服や生活用品といった小物、ソファーベッド用のシーツなどをしまっておけます。お部屋の収納スペースが少ない場合におすすめです。

収納スペースを引き出して使うタイプやソファーの座面を跳ね上げて使うタイプ、肘掛け部分に収納スペースを設けているタイプなど、収納方法は商品によって異なります。
引き出しが付いたタイプは日常的に出し入れする荷物の収納に便利ですが、ソファーベッドの前面に引き出し用のスペースが必要になるので注意しましょう。
一方で、座面を跳ね上げて使うタイプは座ったまま荷物を取り出すことはできませんが、収納スペースが広く大きめのアイテムも収納できます。

「収納付きタイプ」のおすすめ商品はこちら

ソファーベッドでおしゃれでくつろげる空間をつくろう

ベッドとソファーを1台で兼ねるソファーベッドは、お部屋のスペースは少ないものの、どちらも用意しておきたいという方におすすめです。
ソファーベッドのサイズや使い方は、商品によって異なります。生活スタイルやお部屋のスペース、何人でソファーやベッドとして使うのかなどを考えながら、商品を選ぶことが大切です。
お部屋のスペースが足りず、ソファーを置くことができないと悩んでいた方は、おしゃれで便利なソファーベッドを活用してみてはいかがでしょうか。

SALE

outlet

net限定